Technique & Creativity

技術とクリエイティビティ

メディア グラフィックスの
画像処理

お客様が何を思い、何を求めているのか、細かな意向に合わせて、実績を積んだオペレーターが気づかいの心を持って作業し、肌色、肌質といった抽象的な表現に対しても、化粧品など色調が重視される画像に対しても、高い評価をいただいています。

  • 実物以上に商品の魅力を
    伝える商品画像づくり

    化粧品、肌もの、アパレル、ジュエリー、絵画など、多彩な商材の、カタログ・広告・ポスターなどによる経験とノウハウを盛り込んで、化粧品なら思わず手に取ってしまうような画像補正・加工を目指し、商品の魅力をいかに伝えるかを考えながら、作業を行っています。

    • 画像の補正ポイント

      元画像の微妙な色調を引き出しつつ、空の曇りを晴れに変え、水深による水面の色の違いもリアルに表現しています。

    Image
  • 人物画像に求められる
    ディテールの再現技術

    人物なら、いかに美しく「肌感」や「キメ感」を再現するか、これまでに培った画像処理技術をもとに表現しています。人物画像に限らず、拡大した時に、補正・加工箇所がわからないように、常にきめ細やかな処理作業を心がけています。

    • 画像の補正ポイント

      肌のくすみやシミ、血管などを目立たなくして、きれいなキメの部分だけを残しました。くすんだ色やムラを取り除き、元画像の雰囲気のままきれいに補整しています。

    Image
  • 多種多様なニーズに最適に
    応える色調へのこだわり

    全社的にCMS(カラーマネジメントシステム)を重視し、当社ならではの色基準を設定して維持管理を行っています。 画像処理の現場でも、お客様の様々な印刷物ごとに、常に最適な「色」をご提供すべく、微妙な調子や色、コントラストなど1%単位でこだわって画像を作っています。

    Image